スパイスカレー

【旦那でも作れるスパイスカレー】キーマカレーの作り方

投稿日:2020年6月27日

こんにちは、Kiyoです。

家事をするようになって3年目のサラリーマンです。家事のやり方、夫婦関係改善、お金のこと等に関する情報を発信しています。

チキンカレーと同じく定番のキーマカレーの作り方をご紹介します。キーマカレーって食べやすくておいしい!作り方もほぼチキンカレーと同じです。今回はなるべくラクに作るため、トマト缶を使ってみました。

材料

【3~4人前】

<カレーペースト>
  • 玉ねぎ(みじん切り) 1個
  • トマト缶 200g(カットトマトかホールトマトの缶詰)
  • にんにく 1片
  • しょうが にんにくと同量
<具材> 
  • 鶏ひき肉 400g程度
<ホールスパイス>
  • ベイリーフ  1枚
  • カルダモン 5粒
  • クローブ 5粒
  • クミンホール 中さじ1
<パウダースパイス>
  • ターメリック 中さじ2
  • クミン    中さじ2
  • コリアンダー 中さじ2
  • ガラムマサラ 中さじ2

油、塩 適宜

スパイスの入手法

いろんな種類のスパイス、どうやって揃えればいいの?

そんな疑問をお持ちの方はこちらの記事をご覧ください!安く早く入手できます。

スポンサーリンク

キーマカレー 作り方

我が家はいつも約8~10人前作っているので、以下の写真は材料表にある分量の2~2.5倍の量を使っています。

鍋にホールスパイスを入れ、油50ccを入れて強火で熱します。
 

油は多めに。最初は抵抗感ありますが、鍋底にまんべんなく広がるくらい、と覚えておきましょう。この鍋(直径20cm)だと、油は約50ccになります。このように覚えておくと、作る量が変わるとき(→たいてい鍋サイズも変わる)すぐ対応できます

玉ねぎを入れて炒めます。
玉ねぎは木べらで混ぜながら、少し茶色っぽくなるまで強火で炒める。(だいたい8~10分程度)

よくあめ色になるまで炒める、と言われますが必ずしもその必要はないです。あめ色にすれば確かにコクが出ますが、時間が相当かかります。油を多めにしてもコクは出るので、ちょっと色づいてきたなくらいで次に進んでもかまいません。

今回はカットトマトを入れます。トマト缶は400g 100円程度で買えるので、コスパがいいです!4~5分炒めます。
しょうが・にんにくを入れます。いつもならみじん切りを入れるところですが、今回は一緒に作ったタンドリーチキンでも大量に使うので、ミキサーで混ぜ合わせたものを入れました。
中火にしてスパイスを入れ、まぜあわせます。
鶏ひき肉を入れて炒めます。挽肉の固まりを写真のようにしっかりほぐすのがコツです。
ナスを入れて、水を入れます。水の量はお好みです。サラサラが良ければ多め、トロっとしたのが良ければ少なめにします。愛用のラッセルホブスのケトルで水を入れてますが、すごく使いやすいです。

なお、この時点で塩を入れずに味見をしてください。その後、塩をまず小さじ2ほど入れてみましょう。急にカレーの味が変わって美味しくなると思います。ちょうどいいと思う加減まで塩を入れます。

隙間を開けてフタをして、強火で20分煮ます。強火で煮るのがポイントです。油と乳化しコクが出て美味しくなります。なお、中火でアクをきれいに取り除くやり方もありますので、どちらがお好みか試してみてください。私はラクだし乳化するので強火派です
ガスレンジのタイマーを20分にセット。この20分の間に後片付けを済ませるのが、「旦那家事」として絶対必須ですよ!
出来上がりです。ナスもおいしいですね、この季節。具はあまりいれないほうがいいと思います。ぜひお試しください!

Recommend

スポンサーリンク

-スパイスカレー

Copyright© 旦那に家事をおすすめするサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.